Enterprise Edition 商用ライセンスのご紹介

プリザンター Enterprise Edition
(エンタープライズエディション)とは

無料で使える国産オープンソース Webデータベース 「プリザンター」は、そのまま企業においても利用可能です。しかしオープンソース版のライセンス「AGPL」では利用が困難なケースにおいて、「商用ライセンス」として提供されるプリザンター「Enterprise Edition」が用意されています。「Enterprise Edition」は最大900項目までデータ項目の拡張が行えます。

  1. 商用
    ライセンス
  2. 最大で
    900項目まで
    拡張可能
  3. 安心の
    サポート
    体制

特徴1 : 商用ライセンスで利用可能

オープンソース版プリザンターのライセンスは「AGPL」で配布されています。このライセンスは非商用・商用に関わらず利用可能です。しかし、ソースコード公開の懸念や企業ポリシーなどでオープンソースライセンスのソフトウエアが利用できない場合には、「商用ライセンス」で提供されているEnterprise Editionが用意されています。

■ AGPL版と商用ライセンス版の違い

特徴2 : データ項目を最大900まで拡張可能

プリザンターのオープンソース版で利用できるデータ項目は6種類×26項目=156項目のデータ項目が利用可能です。多くのケースでは156のデータ項目数で対応可能ですが、同種のデータ項目で27個以上利用したい場合、Enterprise Editionを利用することで、6種類のデータ項目合計で900項目まで拡張できます。

■ オープンソース版

■ Enterprise Edition版

【分類】項目

いわゆるドロップダウンリストのような、選択式の項目です。

【数値】項目

数値を入力する項目です。最小値・最大値の設定が可能です。

【日付】項目

日付および時刻を入力する項目です。

【説明】項目

文章を入力する項目です。マークダウン記法を使用することも可能です。

【チェック】

項目 ON/OFFのチェックを入力する項目です。

【添付ファイル】項目

該当レコードにファイルを添付する項目です。ファイルの種類は問いません。

特徴3 : 年間サポートサービスで安心のサポート体制を提供

企業・組織がオープンソースのWebデータベース「プリザンター」を利用するメリットを最大限に生かせるよう支援します。年間サポートサービスはサポート体制によって様々なプランが用意されており、オープンソース版、クラウド版ともにご利用頂けます。また、いざという時のトラブルにも対処。企業のユースにおける運用上のご心配事にもサポートで応えます。

■ サポートのメリット

  • インプリムのサポートサービスでは専用Webが用意され、操作方法などの質問にお答えします
  • もしもトラブルが発生してもプリザンターを開発している高度な技術者によるサポートが提供されます
  • 問い合わせから初回回答を得られるまでの時間を定義しており、迅速な対応を要する企業に最適です
  • 年間サポートのコストは一カ月当たりに換算すると¥15,000~¥100,000。低コストで導入可能です
  • 分類、説明、数値などの各項目を最大で合計900個まで拡張できるEnterprise Editionが利用できます

「年間サポートサービス」「教育、技術支援などその他のサービス」について

プリザンターの年間サポートサービスはプリザンターの利用範囲や規模に合わせてプランをお選び頂けます。
【月額15,000円】からご利用いただけるライトプランから、【インシデント数無制限】のプレミアムプランまで4つのプランをご用意しております。
また、基本的な操作方法を習得いただくトレーニングや、プリザンターの導入支援、開発時のテクニカルコンサル、ご要望に合わせた新機能の追加開発など各種のサービスもご用意しております。

お申し込み、お問い合わせ

お申込み、お問い合わせ、サポートサービスやEnterprise Editionについて詳しく知りたい、27個以上に項目を拡張したプリザンターのEnterprise Editionを試用してみたい(オンプレミス版でのみ試用可能。簡単なセットアップ作業が必要です)などのご要望は下記のフォームよりお問い合わせください。

※システム開発もあわせたトータルサポートをインプリムの認定パートナー企業から購入することも可能です。 詳しくは 認定パートナー企業一覧 をご参照ください。

このページをシェアする