プリザンターでビジネスを行おうと
考えている企業の皆様へ

高い汎用性とカスタマイズへの柔軟性を持ったオープンソースWebデータベース
「プリザンター」を利用した、ビジネスメリットについてご説明します

プリザンターはオープンソースのWebデータベース。企業の業務アプリケーションとして活用可能にもかかわらず、ライセンスコストがかかりません。JavaScript、CSSや拡張SQLを使ったカスタマイズ柔軟性があり、APIによるシステム間連携やRPAによる自動化も図れます。クラウド上に、またオンプレミスのクローズドな環境にも構築が可能で、企業の利用ニーズに幅広く応えられます。
このプリザンターを利用したビジネス活動が可能となるのがインプリム認定パートナー制度です。プリザンターの開発を担うインプリムのサービスが、パートナー価格で提供されます。また多くのパートナーとの共創・協力体制があることも大きな魅力です。

ビジネスモデル

オープンソースのプリザンターを利用した多くのビジネスモデルが存在します。インプリムパートナー各社によって高い汎用性とカスタマイズの柔軟性が利用され、ビジネスモデルが常に広がり続けています。ここではプリザンターを利用したビジネスモデル例を紹介します。

■ システムインテグレーターの例

システム開発フレームワークとして利用

業務アプリのベースとしてプリザンターを利用しシステム開発を実施します。
基本機能のテーブル(画面)開発ならびに、JavaScript や CSS、拡張SQLで画面と機能のカスタマイズを行い、ニーズに合わせた業務アプリをインテグレーションします。APIを使い、外部システム・アプリケーション、RPAとの連携を行い、ユーザー企業に導入します。

■ サービスプロバイダーの例

自社提供サービスの追加機能として利用

貴社が提供・運用するサービスに、Webデータベース機能として追加提供するモデルです。
データセンターにプリザンターをアプリケーションサービスとしてバンドルしてサービス提供したり、Webサービスの後方で動作するデータベースとして、またデータ閲覧機能としてサービスを提供します。

■ パッケージベンダの例

自社アプリケーションと連携し提供

データベース機能を持たない自社アプリケーションに連携させます。
自ら管理できるWebデータベースとして、自社アプリケーションとAPIやRPAを利用し連携し、Webブラウザから表示可能なデータベースサービスとして利用したり、データ管理ツールとして利用します。

■ コンサルティング、企業診断士の例

コンサルティング・ソリューションとして紹介

課題解決ツールとしての導入やトレーニングを提供するコンサルティングツールとして利用します。
顧客が抱える課題に合わせてテーブルを作成して、運用に至るまでサポートを行います。

プリザンターを利用するメリットと強み

  • オープンソースのプリザンターはソフトウエアライセンス料が不要
  • オンプレミス・クラウドへの構築、インプリム提供のSaaSと、ニーズに合わせてシステム提供が可能
  • 企業での安心・安全な運用を支援する年間サポートサービスの用意
  • 少ない工数と無料のライセンスによって、サポートコストを含み入れても低コストに提供が可能
  • ビジネスに不可欠なデータベース・業務アプリの市場は広く、継続した利用と運用を見込める

インプリム認定パートナー制度とは

インプリムはオープンソースのWebデータベース「プリザンター」を活用したソリューションの発展・普及にご協力頂けるパートナー企業を募集しております。システム導入・サポート等のサービス、ソフトウェア製品・クラウドサービスとの連携・協業等を積極的に推進してまいります。
またパートナー制度契約の新規締結時には、インプリム エンタープライズサービスの提供価格が10%OFFとなる特典のほか、拡販ツールの提供、見込み顧客の紹介、サービスのパートナー価格による提供を行う「営業系支援」、弊社HPへの公式パートナー掲載、事例掲載、商標・ロゴ・キャラクターの使用を許諾する「マーケティング系支援」などの様々な支援を受けられます。

インプリムの
主な支援項目

  • ① 商標・ロゴ・キャラクターの使用許諾
  • ② サービスの仕切価格提供
  • ③ Enterprise Edition(商用ライセンス)の再販売
  • ④ Enterprise Edition 営業支援向け貸与
  • ⑤ パートナー専用サイトへのアクセス
  • ⑥ 販促ツールの提供
  • ⑦ 見込顧客の優先紹介
  • ⑧ イベント共同開催
  • ⑨ パートナー向け情報発信・提供
  • ⑩ 認定パートナーWeb掲載
  • ⑪ 導入事例のWeb掲載
  • ⑫ 認定パネルの提供

認定パートナーになるまでの流れ
(認定からパートナー紹介ページ掲載まで)

認定まではたったの3ステップ。事前の審査や実績、面談等は不要です。
「商標及び著作物使用許諾契約書」を締結いただくことで、すぐに認定パートナー企業としての各種支援を受けることができます。
※次年度以降の契約更新についても、毎年の活動報告や今後のビジネスプランのご提出は不要です。(2021年6月時点)

STEP 1

「商標及び著作物使用許諾」にご同意の上、ご契約を締結していただきます。

STEP 2

年間の商標使用料をお支払いしていただきます。
※ 年間商標使用料10万円

STEP 3

専用ページへのアクセス権を付与し、パートナーとして認定します。
※ 営業資料等を入手可能

STEP 4

認定パートナー紹介ページに掲載する情報をご提供ください。
※ ロゴ、会社紹介等

STEP 5

認定パートナーページをご確認いただき、ご同意いただいたタイミングで公開いたします。

パートナー加盟やデモのご依頼
その他のお問い合わせはこちら

このページをシェアする