プロジェクト管理を効率的に行うためのツールとしてプリザンターを使ってみる

プロジェクト管理というと、スプレッドシートを何枚も開いて管理されているケースが多いと思います。
工程ごとの進捗はこのファイル、全体の進捗はこちらのファイル、課題管理はあっちのファイル……
プリザンターを使えばプロジェクト管理に必要なあらゆる情報を一元管理できるので、管理業務がスムーズに行えます。

プロジェクトの現状をひと目で把握

プロジェクトメンバーごとの詳細情報をわかりやすく一覧で表示できるので簡単に現状を把握できます。
もちろん、必要な作業工程だけを表示するなど、欲しい情報を素早く入手できます。

グラフィカルに進捗を確認

プロジェクトの進捗状況をガントチャートやバーンダウン、さらにはカンバン方式など、様々な表示形式で把握できます。
しかも、表示の切り替えはWebアプリとは思えないほど素早いのでまったくストレスを感じません。

更新情報をすばやく通知

作業の完了や問題の発生など、割り当てられた担当者へ素早く通知します。メールはもちろん、SlackやLineなど様々なチャットやメッセージツールと連携できるのでメンバーとの情報共有が漏れなくできます。

タスクの実施に必要な全情報を一元管理

プリザンターでは、タスクの実施に必要な情報(添付ファイル、メール送信履歴、コミュニケーション履歴)をすべて一元管理することができますので、プロジェクトメンバー全員で常に最新の情報を参照することができます。


無料ダウンロード
OSS版プリザンターをダウンロード。
自分で動作環境を構築して使ってみる。
プリザンターユーザーマニュアル
無料で使ってみる
環境構築せずにクラウド版プリザンター
無料で今すぐに使ってみる。
Pleasanter.netの登録方法はこちら

クラウド版プリザンターをデモ環境で試用してみる。