プリザンターの使い方【初級編その3】テーブルをリンクさせて情報を効率的に扱おう!

前回・前々回では、テンプレートから「顧客情報」を管理するアプリケーションを作成するために一覧画面に表示する項目や入力項目をカスタマイズしてみました。 今回は、前回までで作った顧客情報とは別に商談を管理する情報テーブルを作成して「顧客情報」と「商談情報」の情報をリンクさせてみましょう! まずは顧客情報テーブルを作成した時と同じように、画面右上の「新規作成」→「営業」タブから「商談管理」を選択し、作成しましょう。 作成した商談管理を開いてみると、当然ですがまだ空っぽの状態なので「新規作成」で新しいレコードを作成してみましょう! 商談管理には当然ながら商談内容と、その顧客情報の入力が必要となるわけですが、せっかく前回までで顧客情報テーブルを作ってきたわけですからどうせならデータを連携させたいですよね。 もちろん、プリザンターならデータの連携も素速く簡単にできちゃいます! 「顧客情報」と「商談管理」の2つのテーブルをリンク(データ連携)させるためには、「商談管理」テーブルを「顧客情報」テーブルにドラッグ&ドロップするだけ! ドラッグしたほう(掴んだほう)が子テーブル(商談管理)、ドロップするほう(落とすほう)が親テーブル(顧客情報)となります。子のほうを親に乗っけてあげるイメージですね。 リンクの設定ダイアログが表示されるので「リンク項目」を「顧客名」に変更して「作成」ボタンをクリックすればリンク設定完了です! 簡単ですね! では、リンク設定を行うと何ができるのか?連携前は手入力が必要だった「顧客名」欄が選択式になっています!その選択肢として表示されている項目は、先程リンク設定を行った顧客情報テーブルの顧客名と連携してるわけです。 当然ながら顧客情報テーブルに顧客を追加すれば、商談管理テーブルの「顧客名」に自動で反映されます。 では、今回紹介した操作を実際の流れを動画で見てみましょう。30秒にも満たない短い時間で簡単にテーブルのリンク(データ項目の連携)設定が出来てしまいます。 ※こちらをクリックすると動画ファイルに飛んで再生を開始します。 プリザンターではこのように簡単にテーブルのリンクができるため非常に効率的に多くの情報を扱うことが出来ます。 ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで! 次回は、商談情報から売上を集計して顧客ごとの合計金額を自動で更新する仕組みを作ってみましょう。 数値を管理する業務では大活躍の「サマリ」機能というやつです! まずは無料でプリザンターをお試し下さい!   OSS版プリザンターを無料でダウンロード クラウド版デモを試す(1ヶ月間のみ試用可) クラウド無料プランに入会(一部機能制限有り)   プリザンターのインストール・操作マニュアルはこちらをご参照ください!

プリザンターの使い方【初級編その2】入力項目をカスタマイズしてみよう!

前回は、テンプレートから「顧客情報」を管理するアプリケーションを作成して、一覧画面に表示する項目を変更してみました。 プリザンターの使い方【初級編その1】まずはテーブルを作って一覧表示を変更してみよう! 今回は、テンプレートから作った「顧客情報」の入力項目を業務に合わせてカスタマイズしてみましょう! テンプレートから欲しい業務アプリケーションを選択し、業務に合わせてカスタマイズして使っていくというのがプリザンターでのアプリ作成のベースになります! もちろん、テンプレートを使わずにイチからアプリケーションを作成することもできます! こちらも追って紹介していきたいと思います。 それでは実際に「顧客情報」の項目をカスタマイズしてみましょう! 画面右上の「管理」→「テーブルの管理」を開いて「エディタ」タブを開いてください! 写真の青枠で囲まれた「選択肢一覧」部分が追加可能な項目です。項目を選択して「有効化」ボタンを押すとその項目が赤枠の「現在の設定」に追加されます。 写真の赤枠で囲まれた「現在の設定」部分が現在有効化されている項目です。「現在の設定」から項目を選択して「無効化」を押すとその項目が入力画面や一覧画面から除外されます。 それでは、まず「[顧客情報]分類I」を選択して「有効化」ボタンをクリックしてみましょう! 「分類I」ってなんだ? という疑問は、ひとまず気にしないでください。プリザンターで扱える項目の一つで、いわゆるドロップダウンリスト(プルダウンリスト)のことです。 プリザンターの項目についてはこちらをご覧ください! 「分類I」が「選択肢一覧」から左の「現在の設定」に移ったでしょうか? 今回のように「現在の設定」の項目が多い場合は、一番下に追加されますのでスクロールバーを移動して下まで表示してみましょう。 一番下に追加された「分類I」を選択した状態で「無効化」ボタンの左隣にある「詳細設定」をクリックして以下の項目を(内容は気にせず)入力して「変更」をクリックし、管理画面に戻って「更新」ボタンをクリックしてください。「新規作成」をクリックして入力画面を開くと一番下に先程新たに追加した項目が表示されています。 このように、プリザンターでは本当に素速く手軽に項目をカスタマイズすることができます。 「この項目は必要ないかも?」 「こんな項目があれば便利だったのに!」 という要望に、専門的な知識も技術も不要で簡単に対応することができるのです。 先頭行に項目名を入力するだけで列項目として使えるエクセルのように、手軽に項目を増やしたり減らしたり、自由に項目をカスタマイズできることがプリザンターの特徴のひとつです! ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで! 次回は、「商談管理」を作って、前回・今回で作った顧客情報と商談情報のデータを連携させてみましょう!   まずは無料でプリザンターをお試し下さい!   OSS版プリザンターを無料でダウンロード クラウド版デモを試す(1ヶ月間のみ使用可) クラウド無料プランに入会(一部機能制限有り)   プリザンターのインストール・操作マニュアルはこちらをご参照ください!

プリザンターの使い方【初級編その1】まずはテーブルを作って一覧表示を変更してみよう!

プリザンターを初めて起動した方の多くは、目の前に広がる真っ白な画面を見て虚無の波動に打ちひしがれるかもしれません。 ですが、この真っ白な画面こそ、プリザンターに秘められた無限の可能性を表しているのです(強引な着地)。 ※デモ版は最初からデモデータが入っているので賑やかです。 ほとんどの方が真っ白な画面を見て何をすればいいのかわからないと思います。 まずはアプリ作成ガイドをご覧いただいてプリザンターの基本的な使い方を覚えてもらうのが一番ですが、ここではアプリ作成ガイドの中身をざっくりと何度かに分けてご紹介します! →→ プリザンターでのアプリ作成ガイド(PDF)はこちら →→ プリザンターの操作マニュアルはこちら プリザンターの使い方その1 【今回の内容】 ・テンプレートを使って「顧客情報」を管理してみる ・一覧画面に表示される内容をカスタマイズしてみる   今回は、初めてプリザンターを触る方向けに、アプリを作成するための基本的な部分をご紹介します!プリザンターには標準で約300もの業務アプリのテンプレートが入っており、その中から欲しいテンプレートを選択してそれをベースにカスタマイズしていくというのが基本的な使い方になります。 今回は、「営業」タブをクリックして「顧客情報」を選択し画面下の「作成」ボタンをクリックしましょう。 タイトルの入力を求められますが、顧客情報のままで良いので「作成」をクリックしてください。 ※見やすくするために画面を拡大表示しています。 虚無の空間に顧客情報がさっそうと登場しました! さっそく開いてみましょう! 当然、まだ入力していないのでデータはまだ空っぽです。 テストなのでざざっと適当に早速入力してみましょう! 入力が終わったら画面下の「作成」ボタンをクリックしてください! 一覧表示に先程入力した顧客の情報が表示されています! でも、表示内容がスカスカですね……   ちょっと一覧で表示される項目を変更してみましょう! 試しに「取引完了日」を消して「代表者」を追加することにしましょう。 画面右上の「管理」から「テーブルの管理」を選択し、「一覧」タブをクリックしてください!左側の欄から「[顧客情報]取引完了日」を選んで上の「無効化」ボタンをクリックすることで一覧画面の表示から外すことができます。続いて、右側の欄から表示したい項目「[顧客情報]代表者」を選択し上の「有効化」ボタンをクリックすることで一覧画面の表示に追加することができます。 有効化したあとで「上」「下」ボタンをクリックすることで一覧で表示する位置も調整することができます。このようにプリザンターは、ノンプログラミングで素速く簡単に表示内容を切り替えることができます。このくらい簡単だと、業務に合わせて一覧表示の内容をスイッチして使うこともできますね。 ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで! 次回は、業務内容に合わせて入力項目をカスタマイズする方法についてご説明します!

チームのタスク管理・スケジュール管理をもっと快適に!

チームメンバーとのタスク管理・スケジュール管理はうまくいっていますか?   「ファイルサーバーに置いたスプレッドシートを複数人で共有して使っているので同時に作業ができない!」 「スプレッドシートを更新してメールで共有していたら、どれが最新のファイルかわからない!」 ……など、いろいろと問題が有りながらも未だにスプレッドシートでタスクやスケジュールの管理を行っている会社はまだまだ多いのではないでしょうか。 プリザンターでタスク管理・スケジュール管理をもっと快適に! 複数人で同時に更新可能なので他の人の操作完了を待つ必要がない! ファイルサーバーなどに置いた1個のファイルを複数人で共有して作業をしていると、他の人が作業をしている間は待っている必要がありましたが、プリザンターに移行すれば、そんな無駄な待ち時間を削減することができます。 プリザンターはWebアプリケーションなので、複数人で同時に使えることはもちろん、外部にも公開されたサーバー上で稼働していれば外出先からでも最新の情報を更新することができます。! 常に同じ場所に最新の情報があるのでデータを探す手間がない! ファイルをメールで送り合って共有していると、いざという時に保存しておいたファイルが見当たらない、添付されていたメールも見つからない……そんな経験をしたことがお有りかと思います。 プリザンターでは必要な最新の情報が一元管理できるので、進捗状況も、ファイルも、メールも、コメントも全部まとめて管理できます。 情報が更新されたら通知が来るので見落とす心配がない! タスクやスケジュールをチーム内の誰かが更新したら、対象者へメールやメッセンジャー、チャットツールなどを通じて最新情報を通知します。メールのほかに、ChatworkやLINE、SlackやMS Teamsなど、連携させたツールに更新通知が届くので常に最新情報を共有することができます。 まずは無料でプリザンターをお試し下さい!   OSS版プリザンターを無料でダウンロード クラウド版デモを試す(1ヶ月間のみ使用可) クラウド無料プランに入会(一部機能制限有り)   プリザンターのインストール・操作マニュアルはこちらをご参照ください!

まずはプリザンターを始めてみよう!【導入編】

プリザンターって、一体なんなんだ? と思っている方。 なんとなく興味はあるけど、どうやって始めればいいかわからない、という方。 まずは触ってみてください! この記事では、1ヶ月間の期限付きですがpleasanter.net(クラウドサービス)の全機能が使えるデモ版と、機能制限はありますが3ユーザまでずっと無料で使えるpleasanter.netのフリープラン、そして、オープンソース版の導入について簡単にご説明します! 1ヶ月限定だけどpleasanter.netの全機能が使えるデモを試してみる! →→ デモの申込みはこちらから! ←← 赤枠で囲まれた「デモ環境を見る」のメールアドレス欄にメールアドレスを入力して「登録」ボタンを押下すると、入力したアドレス宛にデモ環境に入るURLが記載されたメールが届きますので、そこからアクセスしてください。 1ヶ月間限定ですが、pleasanter.netの全機能を試せるデモをご体験頂けます。 すぐに触れるようにサンプルのデータが入っていますのでいろいろ触ってみて下さい。 機能制限有りだけどずっと無料のpleasanter.netフリープランを試してみる! →→ pleasanter.netに申し込んで試してみる! ←← pleasanter.netのトップページにある「無料で始める」をクリックして下さい。画像の矢印の先にある「登録」です。 メールアドレスとパスワードを入力して「登録」ボタンを押すと、登録したメールアドレス宛にメールが届きますので、文中のリンク(またはアドレスをコピー)からページにアクセスすると登録が完了します。 ようこそ、というページから「無料で始める」ボタンをクリックし、お名前などを入力してください。 料金プランを「フリー(最大3ユーザ)」のまま進んで頂ければ無料でお使いいただけます。 ただし、データのエクスポート・インポートや、画像の貼り付け、ファイルの添付など一部の機能に制限があります。 ■■ 詳しくはこちらをご確認ください。■■ 無料のフリープランでも3名様(ご自身含む)までお使い頂けますので他のユーザを招待する場合は「ユーザの招待」を。まずはお一人でお使いになる場合は「サービスにログインする」をクリックしてください。 ユーザーの招待など詳しくは、スタートアップガイド(PDF)をご確認下さい。 フリープランのトップ画面は驚きの白さです。 何から手をつけていいかわからない、という場合は例に沿ってプリザンターの基本的な使い方を学べるハンズオン形式のアプリ作成ガイド(PDF)をご確認下さい。 オープンソース版をダウンロードして自分でプリザンターの動作環境を構築する! プリザンターはオープンソースなのでWindowsが動作するパソコンさえあれば無料でお使いいただけます(SQL Serverも無料版で動作します)。 ※まだベータ版ですが、LinuxやMacでも動作する.NetCore版もあります!→ GitHubからダウンロードできます オープンソース版の環境構築は、少なからず知識・技術を要しますが、インストールマニュアルに沿って進めて頂ければそれほど難しくはありません。 プリザンターの全機能を制限なく試してみたいという方は是非オープンソース版の動作環境を構築してみてください! インストール・操作マニュアルはこちら! プリザンターの使い方を説明している当ブログの記事もよろしければ御覧ください! プリザンターの使い方【初級編その1】まずはテーブルを作って一覧表示を変更してみよう!   まずは無料でプリザンターをお試し下さい!   OSS版プリザンターを無料でダウンロード クラウド版デモを試す(1ヶ月間のみ使用可) クラウド無料プランに入会(一部機能制限有り)   プリザンターのインストール・操作マニュアルはこちらをご参照ください!

CSSを使ってプリザンターの見た目を自由にカスタマイズ!

プリザンターは、CSS(スタイル)を適用することで、見た目をカスタマイズすることができます。 例えばこれを………こう!やりすぎるととんでもないことになりますので注意は必要ですが、プリザンターは、このように自由に見た目を変更することができます。 もちろん、プリザンター独自の仕様ではなく、一般的なCSSを使ってカスタマイズできます。 多くのWebブラウザは標準機能、または無料の機能拡張(アドオン)を使用することで、Webページを構成する各要素を調べることができますので、その要素名さえわかればCSSでスタイルを変更することができます。 スタイルの設定は「管理」→「テーブルの管理」→「スタイル」タブから指定できます。 各画面ごとに適用範囲を設定できますので、画面ごとにスタイルを指定できます。   ちなみに、今回適用したスタイルは以下の通りです。あまり参考にはならないと思いますが(というか、参考にすべきではない)…… body { background: linear-gradient(#F89174, #FFC778); } input#Search { background: black; color: white; } .grid-row { color: #775555; background: #dbf0ff; } .ui-widget.applied { font-size: 3em; } #Aggregations { background: #d2fbdb; background-image: url(“https://pleasanter.org/image01.png”); } #Aggregations .label { background: #fece2f; } #MainCommandsContainer { background: rgba(89,23,160,.65); height: 100px; padding: 20px 0 […]

ヘッダメニューからフィルタが可能に! 欲しい情報に素速くアクセス!

プリザンターは、非常にシンプルなインターフェイスなので操作方法がわからないということはあまり無いかと思いますが、ヘッダメニューからデータのフィルタが可能になったことで更に直感的に使いやすくなりました! ヘッダメニューからデータのフィルタとは? 例えば、都道府県で絞り込みたい、といった場合、今までのデータフィルタはこんな感じでした。 フィルタ項目を増やすとちょっと見た目がごちゃっと…… ですが、ヘッダメニューからのフィルタを使うと…… ヘッダの項目欄から直接フィルタを使うことができるのです! 選択項目では各選択肢を選択することでフィルタできますが、テキスト項目であればもちろん直接文字列を入力してフィルタすることもできます。 ヘッダメニューからのフィルタを有効にするには、画面上部の「管理」メニューから「テーブルの管理」→「フィルタ」画面下部の「一覧のヘッダメニューでフィルタを使用する」をチェックするだけ。相変わらず簡単ですね! 「一覧のヘッダメニューでフィルタを使用する」チェックの左にある「フィルタ設定領域を使用する」のチェックを外すと、一覧画面にもともとあるフィルタ設定領域を隠すことができるので画面をすっきりさせることもできますね。     まずは無料でプリザンターをお試し下さい!   OSS版プリザンターを無料でダウンロード クラウド版デモを試す(1ヶ月間のみ使用可) クラウド無料プランに入会(一部機能制限有り)   プリザンターのインストール・操作マニュアルはこちらをご参照ください!

Webデータベース、プリザンターとは?

プリザンターは、業務をもっと効率化できないか? という想いから開発が始まったWebデータベースです。 多様で複雑な業務を一元的に管理できる汎用性と、使用時にストレスを感じないレスポンスの高速性に重点を置き「業務の快適化」を促進するため日々進化を続けています。 大量のドキュメントファイルとメールに埋もれて、欲しい時に欲しい情報にたどり着けない……多くの方がそのような経験をされていると思います。 ノンプログラミングで欲しい業務アプリが簡単に作れるプリザンターを使って、非効率な業務から解放されましょう! 欲しかった業務アプリが素早く作れる プリザンターには約300もの業務用アプリケーションテンプレートが付属しています。 欲しかった業務アプリのテンプレートを選択すればすぐに使えます! Webアプリとは思えない高速なレスポンス プリザンターは独自のエンジンで動作しているため、Webアプリとは思えない高速なレスポンスで動作し使用時のストレスがまったく感じさせません! 業務内容が変わっても素早く対応可能 プリザンターは専門的な知識がなくてもノンプログラミングでアプリをカスタマイズできます。急に業務内容に変更があっても現場レベルで即座にカスタマイズが可能です。   様々な表示形式で情報を分析できます 標準で様々な表示形式にも対応しており、表示の切り替えも高速で、まったくストレスを感じさせません。 メールいらずのコミュニケーション 画面右側のコメント欄は、コミュニケーションツールとして使えるので、何通もメールを送り合う必要がなく重要なメールを見失うようなこともありません。 更新情報を通知して常に最新情報を共有できます 更新された情報は、メールでの通知はもちろん、チャットやメッセンジャーなどのサービスとも連携して通知できるので、最新情報を見逃すこともありません。     まずは無料でプリザンターをお試し下さい!   OSS版プリザンターを無料でダウンロード クラウド版デモを試す(1ヶ月間のみ使用可) クラウド無料プランに入会(一部機能制限有り)   プリザンターのインストール・操作マニュアルはこちらをご参照ください!