プリザンターの使い方【初級編その3】テーブルをリンクさせて情報を効率的に扱おう!

前回・前々回では、テンプレートから「顧客情報」を管理するアプリケーションを作成するために一覧画面に表示する項目や入力項目をカスタマイズしてみました。 今回は、前回までで作った顧客情報とは別に商談を管理する情報テーブルを作成して「顧客情報」と「商談情報」の情報をリンクさせてみましょう! まずは顧客情報テーブルを作成した時と同じように、画面右上の「新規作成」→「営業」タブから「商談管理」を選択し、作成しましょう。 作成した商談管理を開いてみると、当然ですがまだ空っぽの状態なので「新規作成」で新しいレコードを作成してみましょう! 商談管理には当然ながら商談内容と、その顧客情報の入力が必要となるわけですが、せっかく前回までで顧客情報テーブルを作ってきたわけですからどうせならデータを連携させたいですよね。 もちろん、プリザンターならデータの連携も素速く簡単にできちゃいます! 「顧客情報」と「商談管理」の2つのテーブルをリンク(データ連携)させるためには、「商談管理」テーブルを「顧客情報」テーブルにドラッグ&ドロップするだけ! ドラッグしたほう(掴んだほう)が子テーブル(商談管理)、ドロップするほう(落とすほう)が親テーブル(顧客情報)となります。子のほうを親に乗っけてあげるイメージですね。 リンクの設定ダイアログが表示されるので「リンク項目」を「顧客名」に変更して「作成」ボタンをクリックすればリンク設定完了です! 簡単ですね! では、リンク設定を行うと何ができるのか?連携前は手入力が必要だった「顧客名」欄が選択式になっています!その選択肢として表示されている項目は、先程リンク設定を行った顧客情報テーブルの顧客名と連携してるわけです。 当然ながら顧客情報テーブルに顧客を追加すれば、商談管理テーブルの「顧客名」に自動で反映されます。 では、今回紹介した操作を実際の流れを動画で見てみましょう。30秒にも満たない短い時間で簡単にテーブルのリンク(データ項目の連携)設定が出来てしまいます。 ※こちらをクリックすると動画ファイルに飛んで再生を開始します。 プリザンターではこのように簡単にテーブルのリンクができるため非常に効率的に多くの情報を扱うことが出来ます。 ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで! 次回は、商談情報から売上を集計して顧客ごとの合計金額を自動で更新する仕組みを作ってみましょう。 数値を管理する業務では大活躍の「サマリ」機能というやつです! まずは無料でプリザンターをお試し下さい!   OSS版プリザンターを無料でダウンロード クラウド版デモを試す(1ヶ月間のみ試用可) クラウド無料プランに入会(一部機能制限有り)   プリザンターのインストール・操作マニュアルはこちらをご参照ください!

プリザンターの使い方【初級編その2】入力項目をカスタマイズしてみよう!

前回は、テンプレートから「顧客情報」を管理するアプリケーションを作成して、一覧画面に表示する項目を変更してみました。 プリザンターの使い方【初級編その1】まずはテーブルを作って一覧表示を変更してみよう! 今回は、テンプレートから作った「顧客情報」の入力項目を業務に合わせてカスタマイズしてみましょう! テンプレートから欲しい業務アプリケーションを選択し、業務に合わせてカスタマイズして使っていくというのがプリザンターでのアプリ作成のベースになります! もちろん、テンプレートを使わずにイチからアプリケーションを作成することもできます! こちらも追って紹介していきたいと思います。 それでは実際に「顧客情報」の項目をカスタマイズしてみましょう! 画面右上の「管理」→「テーブルの管理」を開いて「エディタ」タブを開いてください! 写真の青枠で囲まれた「選択肢一覧」部分が追加可能な項目です。項目を選択して「有効化」ボタンを押すとその項目が赤枠の「現在の設定」に追加されます。 写真の赤枠で囲まれた「現在の設定」部分が現在有効化されている項目です。「現在の設定」から項目を選択して「無効化」を押すとその項目が入力画面や一覧画面から除外されます。 それでは、まず「[顧客情報]分類I」を選択して「有効化」ボタンをクリックしてみましょう! 「分類I」ってなんだ? という疑問は、ひとまず気にしないでください。プリザンターで扱える項目の一つで、いわゆるドロップダウンリスト(プルダウンリスト)のことです。 プリザンターの項目についてはこちらをご覧ください! 「分類I」が「選択肢一覧」から左の「現在の設定」に移ったでしょうか? 今回のように「現在の設定」の項目が多い場合は、一番下に追加されますのでスクロールバーを移動して下まで表示してみましょう。 一番下に追加された「分類I」を選択した状態で「無効化」ボタンの左隣にある「詳細設定」をクリックして以下の項目を(内容は気にせず)入力して「変更」をクリックし、管理画面に戻って「更新」ボタンをクリックしてください。「新規作成」をクリックして入力画面を開くと一番下に先程新たに追加した項目が表示されています。 このように、プリザンターでは本当に素速く手軽に項目をカスタマイズすることができます。 「この項目は必要ないかも?」 「こんな項目があれば便利だったのに!」 という要望に、専門的な知識も技術も不要で簡単に対応することができるのです。 先頭行に項目名を入力するだけで列項目として使えるエクセルのように、手軽に項目を増やしたり減らしたり、自由に項目をカスタマイズできることがプリザンターの特徴のひとつです! ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで! 次回は、「商談管理」を作って、前回・今回で作った顧客情報と商談情報のデータを連携させてみましょう!   まずは無料でプリザンターをお試し下さい!   OSS版プリザンターを無料でダウンロード クラウド版デモを試す(1ヶ月間のみ使用可) クラウド無料プランに入会(一部機能制限有り)   プリザンターのインストール・操作マニュアルはこちらをご参照ください!

プリザンターの使い方【初級編その1】まずはテーブルを作って一覧表示を変更してみよう!

プリザンターを初めて起動した方の多くは、目の前に広がる真っ白な画面を見て虚無の波動に打ちひしがれるかもしれません。 ですが、この真っ白な画面こそ、プリザンターに秘められた無限の可能性を表しているのです(強引な着地)。 ※デモ版は最初からデモデータが入っているので賑やかです。 ほとんどの方が真っ白な画面を見て何をすればいいのかわからないと思います。 まずはアプリ作成ガイドをご覧いただいてプリザンターの基本的な使い方を覚えてもらうのが一番ですが、ここではアプリ作成ガイドの中身をざっくりと何度かに分けてご紹介します! →→ プリザンターでのアプリ作成ガイド(PDF)はこちら →→ プリザンターの操作マニュアルはこちら プリザンターの使い方その1 【今回の内容】 ・テンプレートを使って「顧客情報」を管理してみる ・一覧画面に表示される内容をカスタマイズしてみる   今回は、初めてプリザンターを触る方向けに、アプリを作成するための基本的な部分をご紹介します!プリザンターには標準で約300もの業務アプリのテンプレートが入っており、その中から欲しいテンプレートを選択してそれをベースにカスタマイズしていくというのが基本的な使い方になります。 今回は、「営業」タブをクリックして「顧客情報」を選択し画面下の「作成」ボタンをクリックしましょう。 タイトルの入力を求められますが、顧客情報のままで良いので「作成」をクリックしてください。 ※見やすくするために画面を拡大表示しています。 虚無の空間に顧客情報がさっそうと登場しました! さっそく開いてみましょう! 当然、まだ入力していないのでデータはまだ空っぽです。 テストなのでざざっと適当に早速入力してみましょう! 入力が終わったら画面下の「作成」ボタンをクリックしてください! 一覧表示に先程入力した顧客の情報が表示されています! でも、表示内容がスカスカですね……   ちょっと一覧で表示される項目を変更してみましょう! 試しに「取引完了日」を消して「代表者」を追加することにしましょう。 画面右上の「管理」から「テーブルの管理」を選択し、「一覧」タブをクリックしてください!左側の欄から「[顧客情報]取引完了日」を選んで上の「無効化」ボタンをクリックすることで一覧画面の表示から外すことができます。続いて、右側の欄から表示したい項目「[顧客情報]代表者」を選択し上の「有効化」ボタンをクリックすることで一覧画面の表示に追加することができます。 有効化したあとで「上」「下」ボタンをクリックすることで一覧で表示する位置も調整することができます。このようにプリザンターは、ノンプログラミングで素速く簡単に表示内容を切り替えることができます。このくらい簡単だと、業務に合わせて一覧表示の内容をスイッチして使うこともできますね。 ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで! 次回は、業務内容に合わせて入力項目をカスタマイズする方法についてご説明します!