2021/05/06

MANUAL

テーブル機能:レコードのビューの切り替え

## 概要 「[一覧画面](/manual/table-grid)」等で表示する「[項目](/manual/table-management-column)」「[フィルタ](/manual/table-record-search)」「[ソート](/manual/table-record-sort)」等の一連の設定を保存しておき、リストから選択することで表示を切り替えることができます。 #### 規定のビュー 「[テーブルの管理](/manual/table-management)」で「規定のビュー」を設定すると、ログオン後に表示されるビューを指定できます。 ## 前提条件 1. 「[テーブルの管理](/manual/table-management)」の「[ビュー](/manual/table-management-view)」で事前に設定する必要があります。 ## 操作方法 1. 対象のテーブルを開いてください。 1. 画面右上にビューを選択するドロップダウンリストが表示されます。 1. ビューを選択すると、設定内容に応じてレコード一覧や各ビューモードが切り替わります。 ![image](/binaries/440a0e675bb94b3a89dc93daeb88a548) ## 関連情報 <div id="ManualList"><ul><li><a href="/manual/table-grid">テーブル機能:レコードの一覧画面</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-search">テーブル機能:レコードの検索(フィルタ)</a><span>2021/07/05 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-sort">テーブル機能:レコードの並び替え(ソート)</a><span>2021/06/01 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management">テーブルの管理</a><span>2021/05/09 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-column">テーブルの管理:項目</a><span>2021/05/10 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-grid-column-settings">テーブルの管理:一覧画面:項目の詳細設定</a><span>2021/05/09 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-filter">テーブルの管理:フィルタ</a><span>2021/05/12 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-view">テーブルの管理:ビュー</a><span>2021/05/06 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/dev-column-name">項目名とデータベース上のカラム名の対応</a><span>2021/05/30 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/server-script-view-filters">開発者向け機能:サーバスクリプト:view.Filtersオブジェクト</a><span>2021/07/05 up</span></li> <li><a href="/manual/server-script-view-sorters">開発者向け機能:サーバスクリプト:view.Sortersオブジェクト</a><span>2021/06/13 up</span></li></ul></article></div><input id="SearchTextHidden" type="hidden" value="" />
このページをシェアする