2021/05/09

MANUAL

テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:リンク

## 概要 テーブル間に親子関係を設定することができます。親テーブルで管理しているレコードのタイトルを、子テーブルの分類項目にプルダウンメニューとして表示することができます。期限付きテーブルや記録テーブルのテーブル間で親子関係が設定されると、親となるテーブルのエディタ画面に、子レコードを作成するボタンが表示されます。このボタンから子レコードを作成すると親子双方のエディタ画面に相互リンクが作成されます。相互リンクの一覧に表示する項目はテーブルの管理によりカスタマイズできます。Wikiを親テーブルに設定した場合は、wikiに記載した内容を分類項目で表示することができます。子テーブルのテーブルの管理で分類項目に親テーブルのIDを指定することで設定します。また、自分のテーブルIDを指定した場合、テーブル内で階層構造を作ることができます。 ## 制限事項 1. 「[分類項目](/manual/table-management-class)」以外では使用できません。 ## 前提条件 1. 設定を行うには「サイトの管理権限」が必要です。 ## 操作手順 テーブルに親子関係を設定するための手順です。例として、「WBS」テーブルと「課題管理」テーブルを用意しました。「WBS」テーブルを親、「課題管理」テーブルを子としてリンクを設定します。リンク設定する方法は、テーブルの「ドラッグ・アンド・ドロップ」と個々の「[テーブルの管理](/manual/table-management)」の2種類あります。 ![image](/binaries/4a25ff52b1f7465582a133dff16b5a8c) ## ドラッグ・アンド・ドロップで設定する方法 テーブル同士をドラッグ・アンド・ドロップでリンクすることが可能です。この操作はサイトの管理権限が必要です。 1. サイトメニューで子テーブルになる「課題管理」テーブルをドラッグし、親サイトになる「WBS」テーブルにドロップしてください。 1. リンクの設定についてポップアップが表示されます。リンクを設定する子テーブルの分類項目および表示名を設定してください。その後、「作成ボタン」をクリックしてください。 1. リンクの作成可否を確認するポップアップが表示されますので、「OK」ボタンをクリックしてください。 1. 「リンクの作成が完了しました。」とメッセージが表示されたら完了です。 ![image](/binaries/597d50a39100479bb140ef8e59587659) ## テーブルの管理で設定する方法 テーブル同士をサイトIDでリンクすることが可能です。この操作はサイトの管理権限が必要です。 1. 「WBS」テーブルの一覧画面を開き、URLに表示されているサイトIDを控えてください。 1. 「課題管理」テーブルを開き、管理/テーブルの管理をクリックしてください。 1. 「[エディタ](/manual/table-editor)」タブを選択し、「[選択肢一覧](/manual/table-management-choices-text)」から任意の分類項目を有効化してください。 1. 「現在の設定」に表示された分類項目を選択し、詳細設定ボタンをクリックしてください。 1. 「[選択肢一覧](/manual/table-management-choices-text)」に先程控えたテーブルIDを記入し、角括弧で2重に囲ってください。その後、更新ボタンをクリックしてください。 ``` 角括弧で2重に囲う際の記述例 [[100]] ``` 1. 画面下の「更新」ボタンをクリックしてください。 ![image](/binaries/81e369af61f54e728065f6da9c9d534c) ## リンクされたレコードの一覧表項目の設定方法 リンクされたレコードの一覧表の項目を変更することができます。この操作はサイトの管理権限が必要です。 1. 対象のテーブルを開いてください。 1. 「管理」メニューから「[テーブルの管理](/manual/table-management)」をクリックしてください。 1. 「リンク」タブを開いてください。 1. 下表に従い設定を行ってください。 |項目名|説明|設定方法| |:---|:---|:---| |現在の設定|リンク画面に表示する項目|任意の項目の並び替え、無効化| |選択肢一覧|リンク画面に表示可能な項目|任意の項目を有効化| 1. 画面下部の「更新」ボタンをクリックしてください。 ## リンクしたアイテムの作成ボタンを非表示にする設定方法 テーブル間でリンクが設定されている状態において、親テーブル側で表示される「リンクしたアイテムの作成ボタン」を非表示にすることができます。この操作はサイトの管理権限が必要です。 1. リンクが設定された子テーブルを開いてください。 1. 画面右上の管理/テーブルの管理をクリックしてください。 1. 「[エディタ](/manual/table-editor)」タブを選択し、現在リンクが設定されている分類項目を選択し、詳細設定ボタンをクリックしてください。 1. 「[選択肢一覧](/manual/table-management-choices-text)」でテーブルIDの後ろにNoAddButtonを加えてください。 ``` NoAddButtonの記述例 [[100,NoAddButton]] ``` 1. 画面下部の「更新」ボタンをクリックしてください。 ## リンクの一覧に対して規定のビューの設定方法 [ビュー機能](/manual/table-record-view)と組み合わせることで、エディタ画面に表示されるリンクの一覧に対して、ビューで指定した一覧項目やフィルタ、ソートを適用することができます。事前準備として、子テーブル側で[ビューの設定](/manual/table-record-view)を行ってください。「[一覧](/manual/table-management-grid)」タブや「[フィルタ](/manual/table-record-search)」タブ、「[ソート](/manual/table-record-sort)」タブで設定した内容が利用できます。この操作はサイトの管理権限が必要です。 1. リンクが設定された子テーブルを開いてください。 1. 画面右上の管理/テーブルの管理をクリックしてください。 1. 「リンク」タブを選択し、「規定のビュー」にリンクの一覧に対して適用するビューを選択してください。 1. 画面下部の「更新」ボタンをクリックしてください。 ## リンクした分類項目の取得件数の上限設定方法 パフォーマンスの悪化を防止するため、リンク先のレコード件数が一定数以上の場合、その上限を設定しています。 上限値を変更する場合は、General.jsonのDropDownSearchPageSizeに指定してください。既定値は500件です。 また、上限値を超えたレコードが存在する場合は、検索機能を有効化してください。 検索機能の有効化は下記のとおり設定してください。 1. テーブルの管理を開きます。 2. エディタタブを開きます。 3. 対象の項目の詳細設定を開きます。 4. 「[検索機能を使う](/manual/table-management-use-search)」にチェックを入れ変更ボタンをクリックします。 ![image](/binaries/5e313619c4c04389a7c57a811f83bcc1) ## リンクの解除方法 一度設定したリンクは下記の手順で解除する事が可能です。 1. 子テーブルを開きます。 1. 画面右上の[管理]-[テーブルの管理]を開きます。 1. 管理画面にて[エディタ]タブを選択します。 1. リンクが設定されている項目の詳細設定を開き、選択肢に記載されている[[999]]の文字を削除することでリンクを解除できます。999は親のサイトIDです。 1. 画面下の[更新]ボタンをクリックし、設定を保存します。 ## 関連情報 <div id="ManualList"><ul><li><a href="/manual/table-record-search">テーブル機能:レコードの検索(フィルタ)</a><span>2021/05/05 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-sort">テーブル機能:レコードの並び替え(ソート)</a><span>2021/05/06 up</span></li> <li><a href="/manual/table-editor">テーブル機能:レコードのエディタ画面</a><span>2021/05/05 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management">テーブルの管理</a><span>2021/05/09 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-class">テーブルの管理:項目:分類</a><span>2021/05/09 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-editor">テーブルの管理:エディタ</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-editor-columns">テーブルの管理:エディタ:エディタの項目の設定</a><span>2021/05/10 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choices-text">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-use-search">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:検索機能を使う</a><span>2021/05/09 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-grid">テーブルの管理:一覧画面</a><span>2021/05/09 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-filter">テーブルの管理:フィルタ</a><span>2021/05/12 up</span></li></ul></article></div><input id="SearchTextHidden" type="hidden" value="" />
このページをシェアする