ユーザマニュアル





2023/01/05

MANUAL

FAQ:CodeDefiner実行時のエラーについて

## バージョンアップ時に same key has already been added というエラーがでる ```text <ERROR> <>c.<Main>b__1_0: UnhandledException: System.ArgumentException: An item with the same key has already been added. ``` App_Data\Displaysフォルダのメッセージファイルのidが重複しているために発生します。 Displaysフォルダ内にあるファイルをすべて削除した上でバージョンアップ処理を行ってください。 ## CodeDefinerの実行が失敗する CodeDefinerの実行が以下のようなメッセージが表示される。 (例としてPostgreSQLの場合) ### ケース1 ```text <ERROR> Configurator.Configure: Npgsql.PostgresException (0x80004005): 57P01: terminating connection due to administrator command ``` ### ケース2 ```text <ERROR> Configurator.Configure: Npgsql.PostgresException (0x80004005): 42501: permission denied for database postgres ``` ### 解決策 接続文字列を間違えていないかもう一度ご確認ください。 パラメータ設定:Rds.json | Pleasanter <https://pleasanter.org/manual/rds-json> 1. 接続文字列の構成は以下です - キーと値のペアをセミコロンで区切ったリスト - 例) keyword1=value1;keyword2=value2 - 指定するキーの一覧 |キー|意味|SQLServer|PostgreSQL| |:-|:-|:-:|:-:| |Server|接続先サーバ|○|○| |Database|データベース名|○|○| |UID|ユーザ名|○|○| |PWD|パスワード|○|○| |Connection Timeout|接続までの待機時間(秒単位)<br>既定値 15秒|○|ー| 1. 接続文字列の初期値は以下です **注1**: PWD (パスワード)はそれぞれ違うものを指定することを推奨します **注2**: #ServiceName# はプリザンターの設定値([パラメータのService.jsonのName](https://pleasanter.org/manual/service-json))に置き換わります - **SQLServer** |変数名|値| |:-|:-| |Sa|Server=(local);Database=master;UID=sa;PWD=****;Connection Timeout=30;| |Owner|Server=(local);Database=#ServiceName#;UID=#ServiceName#_Owner;PWD=****;Connection Timeout=30;| |User|Server=(local);Database=#ServiceName#;UID=#ServiceName#_User;PWD=****;Connection Timeout=30;| - **PostgreSQL** |変数名|値| |:-|:-| |Sa|Server=localhost;Database=postgres;UID=postgres;PWD=****| |Owner|Server=localhost;Database=#ServiceName#;UID=#ServiceName#_Owner;PWD=****| |User|Server=localhost;Database=#ServiceName#;UID=#ServiceName#_User;PWD=****| 1. 環境変数名の命名規則は以下です - `{サービス名}_Rds_{データベース種別}_{ユーザ種別}ConnectionString` |name|意味| |:-|:-| |**サービス名**|[パラメータのService.jsonのName](https://pleasanter.org/manual/service-json)がサービス名<br>データベース名になる| |**データベース種別**|利用するデータベースの種別<br>SQLServer または PostgreSQL| |**ユーザ種別**|次のいずれか: Sa、Owner、User| - **ユーザ種別**について - Sa はデータベースの初期設定における「システム管理者」アカウント(SQL Server)、あるいは「postgres」ユーザ(PostgreSQL)の情報を指定します - Owner、User はCodeDefinerにより作成されるデータベースのユーザ用です - 例 - Implem.Pleasanter_Rds_PostgreSQL_OwnerConnectionString - Implem.Pleasanter_Rds_SQLServer_UserConnectionString
TOP
このページをシェアする
記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。 © Implem Inc.