ユーザマニュアル





2024/01/16

MANUAL

プリザンターをAzure AppServiceにサーバレス構成でインストールする

## 概要 Microsoft Azure の AppService と SQL Database を利用しサーバレス構成でプリザンターの動作環境を構築するための手順を示したものです。 | 対象 | 環境・バージョン | | ------------------ | :--------------------------- | | Web | Microsoft Azure AppService | | DB | Microsoft Azure SQL Database | | ランタイムスタック | .NET8 | ## 前提条件 1. Azure Portal へのログインが可能であること 1. Microsoft Azure App Service(Windows/.NET8)が 1 インスタンス準備できている 1. Microsoft Azure SQL Database が 1 インスタンス準備できている 1. Microsoft Azure SQL Database の接続文字列が準備できている 1. Microsoft Azure SQL Database のファイアウォール設定で App Service 及び PC からの接続が許可されている ## 手順 構築手順は以下の通りです。 1. 事前準備 1. .NETの設定 1. プリザンターのダウンロードおよびパラメータ設定 1. プリザンターの配置 1. CodeDefinerの実行 1. プリザンターの起動確認 ## 1. .NET の設定 1. [Azure Portal](https://portal.azure.com/)に接続します。 1. App Service を開きます。 ![image](/binaries/90ff8944d431483da62410cdf5f90100) 1. 作成済みの App Service インスタンスを選択します。 1. 「構成」メニューの「全般設定」を開き、下図の通り設定します。 ![image](/binaries/3522234ddfd34a649998544be0d76b9e) |項目|設定内容| |:--|:--| |.NETバージョン|.NET 8 (LTS)| |プラットフォーム|64bit| |FTPの状態|無効| |常時接続|オン| ## 2. プリザンターのダウンロードおよびパラメータ設定 1. [ダウンロードセンター](https://pleasanter.org/dlcenter)から、プリザンター最新バージョンをダウンロードしてください。 1. ダウンロードしたzipファイルを解凍します。 1. パラメータファイルを設定します。 1. データベースへの接続情報を設定してください。 「pleasanter\Implem.Pleasanter\App_Data\Parameters\Rds.json」を開き、パラメータを下記の通りに設定し、保存します。 |パラメータ名|値|説明| |:--|:--|:--| |Dbms|SQLServer|リレーショナル・データベースに Microsoft Azure SQL Database を使用。| |Provider|Azure|リレーショナル・データベースに Microsoft Azure SQL Database を使用。| |SaConnectionString|**\*\*\*\***|Microsoft Azure SQL Database の接続文字列。| |OwnerConnectionString|**\*\*\*\***|Microsoft Azure SQL Database の接続文字列。| |UserConnectionString|**\*\*\*\***|Microsoft Azure SQL Database の接続文字列。| |SqlCommandTimeOut|0|SQL コマンドタイムアウト時間を無期限にする。| |MinimumTime|3|データベースが識別可能な最小時間単位をミリ秒で指定。本パラメータは変更不可。| |DeadlockRetryCount|4|デッドロック発生時の最大再試行回数。| |DeadlockRetryInterval|1000|デッドロック発生時に再試行を行うまでの間隔。| |DisableIndexChangeDetection|true|バージョンアップ時にデータベースのインデックスの差異を検出しない。| 1. サービス情報を設定してください。 「pleasanter\Implem.Pleasanter\App_Data\Parameters\Service.json」を開き、パラメータを下記の通りに設定し、保存します。 |パラメータ名|値|説明| |:--|:--|:--| |Name|(データベース名)|Azure で作成したデータベース名を設定| |TimeZoneDefault|Tokyo Standard Time|既定のタイムゾーンをWindowsで有効な名前で指定(※1)| (※1) 下記の Time Zones 一覧の TimeZone 欄に記載されている文字列を設定してください。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/manufacture/desktop/default-time-zones?view=windows-11 ## 3. プリザンターの配置 1. App Service にてインスタンスを停止してください。 1. [Kudu](https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service/resources-kudu#access-kudu-for-your-app) にアクセスしてください。 1. App Service の左側のメニューの"開発ツール"から「高度なツール」をクリック ![image](/binaries/9e9a929cb8174c9f81ac9a25479890c4) 2. 「[移動](/manual/table-record-move)」のリンクをクリック ![image](/binaries/8639e642c6ed4b07b1b86538b8394a9f) 3. Kudu のヘッダメニューから「Debug console」>「CMD」をクリック ![image](/binaries/8d9aeb33b8b94c62a787d8adca8360c8) 4. ディレクトリ一覧から「site」をクリックします。選択後、プロンプトが "C:\home\site" になったことを確認します。(ご利用ユーザによってはD:\home\siteの場合もあります。その場合は適宜読み替えてください。) ![image](/binaries/1082db49c78b49afbe9ce76636e83f8b) 1. 「2. プリザンターのダウンロードおよびパラメータ設定」で準備したプリザンターファイルをApp Serviceにアップロードしてください。 1. 「pleasanter」フォルダに移動します。 2. 「Implem.Pleasanter」フォルダを「wwwroot」にリネームします。 3. wwwroot フォルダを zip 形式で圧縮し「wwwroot.zip」とします。 4. 「Implem.CodeDefiner」フォルダを「CodeDefiner」にリネームします。 5. CodeDefiner フォルダを zip 形式で圧縮し「CodeDefiner.zip」とします。 6. wwwroot.zip と CodeDefiner.zip を Kudu の Size をターゲットにドラッグアンドドロップし、展開されて格納されたことを確認します。 ![image](/binaries/6a380563ed384537bce6539c052e7624) ## 4. CodeDefiner の実行 1. Kudu のディレクトリ一覧から CodeDefiner を選択し、 プロンプトが C:\home\site\CodeDefiner となることを確認します。 2. 次のコマンドを実行してください。 ``` dotnet Implem.CodeDefiner.dll _rds /p C:\home\site\wwwroot ``` ## 5. プリザンターの起動確認 1. App Serviceにてインスタンスを起動してください。 1. ブラウザでプリザンターのログイン画面を開き、「ログインID: Administrator」「初期パスワード: pleasanter」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックしてください。 ![image](/binaries/5477647dc121413190827affdc7fa1ff) 1. ログイン後に「Administrator」ユーザーのパスワード変更を求められるので、任意のパスワードを入力し、「変更」ボタンをクリックしてください。 ![image](/binaries/d57262564d8e49568553a84b273d3797)
TOP
このページをシェアする
記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。 © Implem Inc.