2021/11/14

MANUAL

開発者向け機能:サーバスクリプト:hidden.Add

## 概要 「[サーバスクリプト](/manual/table-management-server-script)」でHTMLのhiddenに新しい要素を追加します。 ## 構文 ``` hidden.Add(key, value); ``` ## パラメータ |No|パラメータ|型|必須|概要| |:--|:----------|:----------|:---:|:---------------------------| |1|key|string|○|hidden要素のid| |2|value|object|○|hidden要素のvalue| ## 戻り値 戻り値はありません。 ## 使用例 以下の例では、自身が所属するグループのIDの配列をJSONに変換して、hidden要素(ID:MyGroups)に出力します。 ##### JavaScript ``` hidden.Add('MyGroups', JSON.stringify(Array.from(context.Groups))); ``` ## 関連情報 <div id="ManualList"><ul><li><a href="/manual/table-management-server-script">テーブルの管理:サーバスクリプト</a><span>2021/05/23 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/server-script">開発者向け機能:サーバスクリプト</a><span>2021/08/20 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/faq-server-script-log">FAQ:サーバスクリプトのエラーログを出力する</a><span>2021/06/24 up</span></li></ul></article></div><input id="SearchTextHidden" type="hidden" value="" />
このページをシェアする