2021/05/30

MANUAL

テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:フィルタ、ソート、表示フォーマット

## 概要 「[選択肢一覧](/manual/table-management-choices-text)」をJSON形式で記述することで、カスタマイズされた選択肢一覧を使用できます。 ## 制限事項 1. 「[担当者項目](/manual/table-management-owner)」「[管理者項目](/manual/table-management-manager)」「[分類項目](/manual/table-management-class)」以外では使用できません。 ## 前提条件 1. 設定を行うには「サイトの管理権限」が必要です。 ## 操作手順 エディタタブで分類の詳細設定を開き、選択肢一覧にJSON形式で選択肢の表示方法を記述します。 ### 組織、グループ、ユーザの場合 |項目名|説明| |:--|:-----| |TableName|Depts、Groups、Usersを指定することで組織、グループ、ユーザを選択肢に表示します。| |MembersOnly|Depts、Groups、Users指定時に使用。アクセス権を付与されている組織、グループ、ユーザのみ表示します。| |SearchFormat|「[検索機能を使う](/manual/table-management-use-search)」を有効化した際の表示フォーマットを指定します。| |View: ColumnFilterHash|「[View](/manual/api-view)」を使用して選択肢を特定の項目でフィルタして表示します。| |View: ColumnSorterHash|「[View](/manual/api-view)」を使用して選択肢を特定の項目でソートして表示します。| ![image](/binaries/87c6867eed124e1f93dd26ab18f8660b) 下記の例ではユーザテーブルから「名前 - 組織」の形式、名前の昇順でリストを表示します。 ##### JSON ``` [ { "TableName": "Users", "MembersOnly": true, "SearchFormat": "[Name] - [Dept]", "View": { "ColumnSorterHash": { "DeptCode": "asc", "Name": "asc" } } } ] ``` #### 検索ダイアログでの表示例 SearchFormatで指定したフォーマット "[Name] - [Dept]" で表示されます。 ![image](/binaries/71074eaeb4394b56b806b07fd04df518) ### テーブルへのリンクの場合 |項目名|説明| |:--|:-----| |SiteId|サイトID指定時に使用。| |SearchFormat|「[検索機能を使う](/manual/table-management-use-search)」を有効化した際の表示フォーマットを指定します。| |View: ColumnFilterHash|「[View](/manual/api-view)」を使用して選択肢を特定の項目でフィルタして表示します。| |View: ColumnSorterHash|「[View](/manual/api-view)」を使用して選択肢を特定の項目でソートして表示します。| |Lookups|「[ルックアップ](/manual/table-editor-lookup)」機能を使用して項目を転記します。| 下記の例では、サイトID:12345のテーブルでチェックAがオンになっているレコードで、タイトルの昇順でリストを表示します。値を選択すると、リンク先の分類Aを分類Bに転記し、リンク先の分類Bを分類Cに転記します。 ##### JSON ``` [ { "SiteId": 12345, "View": { "ColumnFilterHash": { "CheckA": true }, "ColumnSorterHash": { "Title": "asc" } }, "Lookups": [ { "From": "ClassA", "To": "ClassB", "Type": 0 }, { "From": "ClassB", "To": "ClassC", "Type": 0 } ] } ] ``` ## 関連情報 <div id="ManualList"><ul><li><a href="/manual/table-management-manager">テーブルの管理:項目:管理者</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-owner">テーブルの管理:項目:担当者</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-class">テーブルの管理:項目:分類</a><span>2021/05/09 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-choices-text">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-editor-lookup">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:ルックアップ</a><span>2021/06/03 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-use-search">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:検索機能を使う</a><span>2021/05/09 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/api-view">開発者向け機能:API:View APIオブジェクト</a><span>2021/06/12 up</span></li></ul></article></div><input id="SearchTextHidden" type="hidden" value="" />
このページをシェアする