2021/04/30

MANUAL

FAQ:サンプルコード:入力検証の結果によりメッセージを表示する

## 概要 以下の関数を用いて数値項目(NumA)の入力検証結果により画面下部に出力されるメッセージを切り替えます。 - [$p.events.before_validate](/manual/script-events-before-validate) - [$p.setMessage](/manual/script-set-message) ## 事前準備 (1)アカウント管理者でログインしてください。 (2) エディタタブから数値Aの項目を有効化してください。 (3) 「[スクリプト](/manual/table-management-script)」を新規作成し、以下のスクリプトの内容を記載し、出力先には「編集」をチェックして更新します。 ##### JavaScript ``` $p.events.before_validate_Update = function (args) { var numA = $p.getControl('NumA').val() if (numA == "") { $p.clearMessage(); $p.setMessage('#Message', JSON.stringify({ Css: 'alert-warning', Text: '未入力です。数値を入力してください。' })); return false; //falseのときは処理が止まり、更新されない } else if (numA != 100) { $p.clearMessage(); $p.setMessage('#Message', JSON.stringify({ Css: 'alert-error', Text: '数値は100を入力してください。' })); return false; //falseのときは処理が止まり、更新されない } else { return true; //trueのときは更新される } } ```` (3) 新規にレコード作成し、編集画面で数値Aに空白や100以外を入力して「更新」ボタンを押します。 ## 実行結果 ![image](/binaries/b1a02de868f8466f9a40819a099165a7) ![image](/binaries/7f44e9bad17048c282107c7921e8550c)
このページをシェアする