2021/05/06

MANUAL

テーブル機能:レコードの変更履歴から復元

## 概要 「[変更履歴](/manual/table-record-history-view)」を使用して、テーブルのレコードの変更履歴から特定バージョンの内容を復元します。この操作を行うと指定したバージョンの内容が最新バージョンとして復元され、操作前の最新バージョンの内容は変更履歴に追加されます。復元を行うとバージョンが1つ増えます。 ## 制限事項 1. 本操作はレコード単位に行う必要があります。複数のレコードをまとめて操作することはできません。 1. 「[パラメータ設定:History.json](/manual/history-json)」の「Restore」が false の場合には「復元」ボタンが非表示となり操作が行えません。 ## 前提条件 1. 「読み取り権限」と「更新権限」が必要です。 ## 操作手順 1. 対象のテーブルに移動してください。 1. 「[一覧画面](/manual/table-grid)」から対象のレコードを検索してください。 1. 対象のレコードをクリックしてください。 1. 「[エディタ](/manual/table-editor)」が表示されるので「変更履歴の一覧」タブをクリックしてください。変更履歴が確認できます。 1. 復元するバージョンの行の左にあるチェックボックスをオンにして、「復元」ボタンをクリックします。 1. 「バージョン n から復元しました。」と表示されれば完了です。 n には復元元のバージョン番号が表示されます。 ![image](/binaries/03ea2473c37c400a93a4e4535ca61afc) ## 関連情報 <div id="ManualList"><ul><li><a href="/manual/table-grid">テーブル機能:レコードの一覧画面</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-editor">テーブル機能:レコードのエディタ画面</a><span>2021/05/05 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-history-view">テーブル機能:レコードの変更履歴の閲覧</a><span>2021/05/06 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-history-delete">テーブル機能:レコードの変更履歴を削除</a><span>2021/05/06 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-editor">テーブルの管理:エディタ</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-editor-columns">テーブルの管理:エディタ:エディタの項目の設定</a><span>2021/05/22 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-grid-column-settings">テーブルの管理:一覧画面:項目の詳細設定</a><span>2021/05/09 up</span></li></ul></article></div><input id="SearchTextHidden" type="hidden" value="" />
このページをシェアする