2021/04/26

MANUAL

ユーザ管理機能:特権ユーザの設定

## 概要 「特権ユーザ」はプリザンターの権限設定に関わらず、全てのリソースに対して全ての権限を有する特別なユーザです。「特権ユーザ」は「パラメータファイル」「[Security.json](/manual/security-json)」で設定を行う必要があります。プリザンターをインストールした直後に「特権ユーザ」は存在しません。プリザンターをインストールした直後に存在する「Administrator」は「[テナント管理者](/manual/user-management-tenant-manager)」権限を有していますが「特権ユーザ」ではありません。 ## 制限事項 1. 本設定を行うにはプリザンターの再起動が必要です。 ## 前提条件 1. 本設定を行うにはサーバにログインできる必用があります。 ## 操作手順 1. プリザンターが動作するサーバにログインします。 1. プリザンターのパラメータファイルが格納されているディレクトリ(\App_Data\Parameters)を開き「[Security.json](/manual/security-json)」をメモ帳などで開きます。 1. "PrivilegedUsers"に、対象とするユーザのログインIDを配列形式で指定します。 1. ファイルを保存してプリザンターを再起動します。 ##### JSON ``` { "PrivilegedUsers": ["Administrator", "AdminUser1", "AdminUser2"] } ```
このページをシェアする