2021/05/05

MANUAL

サイト機能:アクセス制御

## 概要 サイト単位にアクセス権を設定する機能です。アクセス権のイメージは以下のとおりです。 ![image](/binaries/a9dce9d045c846fe80cdd0d6f9e84e61) ## 前提条件 1. 「権限の管理権限」が必要です。 ## アクセス権を設定する対象 アクセス権を設定する対象は以下のとおりです。 |No|対象|説明| |:--:|:--|:--| |1|フォルダ|フォルダにアクセス権を設定することで、その配下のテーブルなどにアクセス権を継承できます| |2|期限付きテーブル|テーブルおよびテーブル内のレコードのアクセス権を設定できます| |3|記録テーブル|テーブルおよびテーブル内のレコードのアクセス権を設定できます| |4|Wiki|Wikiのアクセス権を設定できます| ## アクセス権を付与する単位 アクセス権を付与する単位は以下のとおりです。 |No|単位|説明| |:--:|:--|:--| |1|組織|組織に所属するユーザに対してまとめてアクセス権を付与します| |2|グループ|グループに所属するユーザに対してまとめてアクセス権を付与します| |3|ユーザ|一人のユーザにアクセス権を付与します| ## アクセス権の種類 アクセス権の種類は以下のとおりです。組織やグループ、ユーザ単位に以下の権限を付与します。 |No|種類|説明| |:--:|:--|:--| |1|読取り|テーブルのレコードやWikiの表示| |2|作成|テーブルのレコードの新規作成| |3|更新|テーブルのレコードやWikiの更新| |4|削除|テーブルのレコードやWikiの削除| |5|メール送信|テーブルのレコードやWikiからメールを送信| |6|エクスポート|テーブルのレコードをCSVファイルとして出力| |7|インポート|CSVファイルのデータをテーブルにインポート| |8|サイトの管理|サイトの作成、設定の変更、削除| |9|権限の管理|サイトやレコードの権限を設定| また、上記のアクセス権を組合せた標準パターンは以下のとおりです。 標準パターン以外を設定する場合は、特殊と表記されます。 |パターン|読取り|作成|更新|削除|メール送信|エクスポート|インポート|サイトの管理|権限の管理| |:---|:--:|:--:|:--:|:--:|:--:|:--:|:--:|:--:|:--:| |読取専用|〇|-|-|-|-|-|-|-|-|-| |書き込み|〇|〇|〇|〇|〇|-|-|-|-|-| |リーダー|〇|〇|〇|〇|〇|〇|〇|〇|-| |管理者|〇|〇|〇|〇|〇|〇|〇|〇|〇| ### サイトのアクセス権を設定する方法 1. 各サイトを開き、画面右上の「管理」-「〇〇の管理」をクリックしてください。 1. 「サイトのアクセス制御」タブを選択してください。 1. 「選択可能な一覧」にアクセス権を設定したい組織やグループ、ユーザの名前を入力し、Enterキーを押してください。 1. 検索された結果一覧からアクセス権を設定する対象をクリックし、「権限追加」ボタンをクリックしてください。現在の権限設定一覧に対象が追加されたことを確認してください。 1. 対象の権限を変更する場合は、現在の権限設定一覧にて対象を選択し、「詳細設定」ボタンをクリックしてください。 1. 権限の割り当て後、画面下の「更新」ボタンをクリックしてください。 ### サイトトップにサイトを作成した場合 サイトトップにサイトを新規作成した場合、サイトの作成者に対してすべてのアクセス権が与えられます。他のユーザにはサイトは表示されません。 他のユーザがサイトを表示するには、サイトの作成者が他のユーザに対してアクセス権を付与する必要があります。 サイトのアクセス権を設定する方法はページ下部のリンクを参考に設定してください。 ### 2階層目以降にサイトを作成した場合 2階層目以降にサイトを作成した場合、1階層目のサイトの権限設定を継承します。 ただし、サイト独自のアクセス権を設定するために、アクセス権の継承を外すこともできます。 サイトの構造とアクセス権の継承は必ずしも一致するものではありません。サイト構造を変更しても権限の設定は変化しません。 それぞれの設定方法は以下のとおりです。 #### アクセス権を継承する場合 1. 「アクセス権の継承元」リストにて、同一のアクセス権とするサイトを選択してください。 1. 権限の割り当て後、画面下の「更新」ボタンをクリックしてください。 #### アクセス権を継承しない場合 1. 「アクセス権の継承元」リストにて、「アクセス権を継承しない」を選択してください。 1. 「選択可能な一覧」にアクセス権を設定したい組織やグループ、ユーザの名前を入力し、Enterキーを押してください。 1. 検索された結果一覧からアクセス権を設定する対象をクリックし、「権限追加」ボタンをクリックしてください。現在の権限設定一覧に対象が追加されたことを確認してください。 1. 対象の権限を変更する場合は、現在の権限設定一覧にて対象を選択し、「詳細設定」ボタンをクリックしてください。 1. 権限の割り当て後、画面下の「更新」ボタンをクリックしてください。 ## 制限事項 * [リンク](/manual/table-management-choices-text-link)を設定したテーブルに個別のアクセス権を設定しないでください。[リンク](/manual/table-management-choices-text-link)を設定したテーブルはフォルダに設定したアクセス権を継承してください。 ## アクセス制御詳細マニュアル [テーブルの管理28:サイトのアクセス制御](/manual/table-management-site-access-control) [テーブルの管理29:レコードのアクセス制御](/manual/table-management-record-access-control2) [テーブルの管理30:項目のアクセス制御](/manual/table-management-column-access-control2)
このページをシェアする