ユーザマニュアル





2023/06/21

MANUAL

開発者向け機能:サーバスクリプト:elements.DisplayType

## 概要 「[サーバスクリプト](/manual/table-management-server-script)」で「ナビゲーションメニュー」、「コマンドボタン」、「[プロセス](/manual/process)」で追加したボタンの表示状態を制御します。 ## 制限事項 1. 画面上部の「ナビゲーションメニュー」、画面下部の「コマンドボタン」、「[プロセス](/manual/process)」で追加したボタンに適用可能です。 1. 戻るボタンには適用できません。 1. ナビゲーションメニューに「2:無効」を設定することはできません。 1. サーバスクリプトの「条件」が「画面表示の前」の場合に有効となります。 ## 構文 ``` elements.DisplayType(id, displayType); ``` ## パラメータ |パラメータ|型|必須|概要| |:----------|:----------|:---:|:---------------------------| |id|string|○|HTMLのID属性| |displayType|int|○|0:標準/1:無し/2:無効/3:非表示| ## 戻り値 戻り値はありません。 ## 使用例① 以下の例ではdisplayTypeに1を指定することで、ヘルプメニューのHTMLが出力されません。 ##### JavaScript ``` elements.DisplayType('HelpMenuContainer',1); ``` ## 使用例② 以下の例ではdisplayTypeに2を指定することで、削除ボタンが無効化されます。 ##### JavaScript ``` elements.DisplayType('DeleteCommand',2); ``` ## 使用例③ 以下の例ではdisplayTypeに3を指定することで、「[プロセス](/manual/process)」で追加したボタン(ID:1)が非表示となります。 ##### JavaScript ``` elements.DisplayType('Process_1',3); ``` ## 関連情報 <div id="ManualList"><ul><li><a href="/manual/process">テーブルの管理:プロセス</a><span>2024/03/14 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-server-script">テーブルの管理:サーバスクリプト</a><span>2023/05/18 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/server-script">開発者向け機能:サーバスクリプト</a><span>2023/06/01 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/advanced-operations-process">応用編:プロセスと状況による制御</a><span>2023/08/25 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/faq-process-comment-required">FAQ:更新時に必ずコメントを入力させたい</a><span>2024/04/29 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/faq-server-script-log">FAQ:サーバスクリプトのエラーログを出力したい</a><span>2024/04/29 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/faq-process-workflow">FAQ:稟議申請などのワークフロー(承認プロセス)をプロセス機能で実現する</a><span>2024/04/29 up</span></li></ul></article></div><input id="SearchTextHidden" type="hidden" value="" />
TOP
このページをシェアする
記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。 © Implem Inc.