ユーザマニュアル





2023/06/22

MANUAL

開発者向け機能:サーバスクリプト:items.Count

## 概要 「itemsオブジェクト」の「Countメソッド」です。指定したテーブルのレコード数を集計します。 選択条件を指定して集計対象のレコードを絞り込むことができます。 ## 構文 ``` items.Count(siteId, view) ``` ## パラメータ |パラメータ|型|必須|説明| |:----------|:----------|:---:|:---------------------------| |siteId|object|○|対象テーブルのサイトIDを指定| |view|string|-|選択するレコードの条件を指定| ## 戻り値 レコードの件数を返却します。 ## 使用例① 以下の例は、サイトIDが 2 のテーブルに登録されているレコード件数を集計します。 ##### JavaScript ``` let count = items.Count(2); ``` ## 使用例② 以下の例は、サイトIDが 2 のテーブル登録されているレコードで、Status(状況)が900(完了)のレコードの件数を集計します。 ##### JavaScript ``` let view = { "View": { "ColumnFilterHash": { "Status": "[\"900\"]" } } }; let count = items.Count(2, JSON.stringify(view)); context.Log(count); ``` ## 注意事項 こちらは「[サーバスクリプト](/manual/table-management-server-script)」で使用するメソッドです。「[スクリプト](/manual/table-management-script)」では使用できません。 ## 関連情報 <div id="ManualList"><ul><li><a href="/manual/table-management-script">テーブルの管理:スクリプト</a><span>2023/05/18 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-server-script">テーブルの管理:サーバスクリプト</a><span>2023/05/18 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/server-script">開発者向け機能:サーバスクリプト</a><span>2023/06/01 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/faq-server-script-log">FAQ:サーバスクリプトのエラーログを出力したい</a><span>2024/04/29 up</span></li></ul></article></div><input id="SearchTextHidden" type="hidden" value="" />
TOP
このページをシェアする
記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。 © Implem Inc.