ユーザマニュアル





2023/10/26

MANUAL

パラメータ設定:Service.json

## 注意事項 パラメータ変更時は「[パラメータ変更時の確認事項](/manual/parameter-edit)」をご確認ください。 ## 対応バージョン #### AnnouncementSiteId / DeploymentEnvironment 1. プリザンター 1.3.26.0 以降 #### MaxRequestBodySize 1. プリザンター 1.3.7.0 以降 #### WithoutChangeDefaultPassword 1. プリザンター 1.3.6.0 以降 ## 設定値 本パラメータファイルの設定値は下記の通りです。 |パラメータ名|値|説明| |:--|:--|:--| |Name|例)"Implem.Pleasanter"|Pleasanterのサービスの名称を指定。この名称と同じ名前のデータベースに接続。| |EnvironmentName|例)"Implem.Pleasanter.Env"|Pleasanterの資格情報を、任意の環境変数から取得する場合の環境変数名を指定。| |TimeZoneDefault|例)"Tokyo Standard Time"|CodeDifinerの実行時に参照。Pleasanterの既定のタイムゾーンを指定。※1| |DefaultPassword|例)"pleasanter"|インストール時に作成されるAdministratorの初期パスワードを指定。| |DeploymentEnvironment|例) "production"|プリザンターがインストールされている環境(本番環境、ステージング環境など)を区別するための文字列を指定。「[BackgroundService.json](/manual/background-service-json)」の EnvironmentVariables で使用。※2| |WithoutChangeDefaultPassword|例)false|インストール時に作成されるAdministratorの初期パスワードの変更を不要とする場合はtrueを指定。| |DefaultLanguage|例)"ja"|Pleasanterの既定の言語を指定。| |AbsoluteUri|例)"http://pleasanter.example.local"|通知やリマインダーに記載されるURLの先頭部分を指定。nullに指定した場合には現在接続中のURLが使用される。 **URI文字列の末尾には / (スラッシュ)は不要**| |MaxRequestBodySize|例)30000000|CSVのインポート時またはAPIで添付ファイルをPOSTする場合に既定値の3000万バイト(約 28.6 MB)を超えるサイズで送りたい場合に指定。| |RequireHttps|例)false|httpsによる接続を強制する場合はtrue、それ以外はfalseを指定。| |AnnouncementSiteId|例)1234|サービスのアナウンスを表示するサイトIDを指定。| |ShowProfiles|例)true|プロファイル画面の有効化/無効化をtrue/falseで指定。| |ShowChangePassword|例)false|ナビゲーションメニューにパスワード変更を表示する設定をtrue/falseで指定。| |ShowStartGuide|例)true|スタートガイドの有効化/無効化をtrue/falseで指定。| |Demo|例)true|デモ環境の有効化/無効化をtrue/falseで指定。| |DemoUsagePeriod|例)60|デモ環境の利用期限を計算するための日数を指定。| ※1 PleasanterをインストールするサーバのOSで有効なタイムゾーンを設定してください。(Windowsなら"Tokyo Standard Time"など、Linuxなら"Asia/Tokyo"など) ※2 DeploymentEnvironment の値は通常、環境変数に設定して使います。環境変数に設定する場合は変数名を下記の様に設定してください。 {ServiceName}には 「Service.json」 のName パラメータの値を設定します。 ``` {ServiceName}_Service_DeploymentEnvironment ```
TOP
このページをシェアする
記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。 © Implem Inc.