2021/06/03

MANUAL

テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:ルックアップ

## 概要 「[リンク](/manual/table-management-choices-text-link)」された「[項目](/manual/table-management-column)」を選択した際に、リンク先の「[テーブル](/manual/table)」の「[項目](/manual/table-management-column)」を転記することができます。例えば商談テーブルから顧客テーブルをリンクしている際に、顧客テーブルの住所項目、電話番号項目などを商談テーブルに転記できます。「[自動ポストバック](/manual/table-management-auto-postback)」機能と組み合わせると、マスタ選択後、すぐに値を反映することができます。 ## 制限事項 1. 「[分類項目](/manual/table-management-class)」でのみ使用できます。 1. 「[コメント項目](/manual/table-management-comments)」「[添付ファイル項目](/manual/table-management-attachments)」をFromに指定することはできません。 1. 「読み取り権限」の無い項目をFromに指定した場合、空文字が転記されます。 1. 「[一括更新](/manual/table-record-bulkupdate)」で更新をおこなった場合には動作しません。 1. 「[インポート](/manual/table-record-import)」で「IDが一致するレコードを更新する」にした場合、項目が変更になった場合のみ動作します。 ## 対応バージョン 1. .NET Core版 1.1.27 以降 1. .NET Framweork版 0.50.251 以降 ## 前提条件 1. 設定を行うには「サイトの管理権限」が必要です。 ## 操作手順 「[選択肢一覧](/manual/table-management-choices-text)」にJSON形式で「[リンク](/manual/table-management-choices-text-link)」を指定します。記述方法は「[テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:フィルタ、ソート、表示フォーマット](/manual/table-editor-choice-json)」と同様です。 ## 設定例 下記の例ではサイトID 6 に「[リンク](/manual/table-management-choices-text-link)」し、「[項目](/manual/table-management-column)」を選択した際に、サイトID 6 の分類A(ClassA)を分類B(ClassB)に転記、分類B(ClassB)を分類C(ClassC)に転記、状況(Status)を分類D(ClassD)に転記しています。「[状況項目](/manual/table-management-status)」はTypeを 1 に指定し「値」ではなく「[表示名](/manual/table-management-label-text)」を転記しています。 ##### JSON ``` [ { "SiteId": 6, "Lookups": [ { "From": "ClassA", "To": "ClassB", "Type": 0 }, { "From": "ClassB", "To": "ClassC", "Type": 0 }, { "From": "Status", "To": "ClassD", "Type": 1 } ] } ] ``` ## 設定内容 |No|選択肢|説明| |:----|:----|:----| |1|From|転記元の「[テーブル](/manual/table)」の「[データベースのカラム名](/manual/dev-column-name)」を指定します。| |2|To|転記先の「[テーブル](/manual/table)」の「[データベースのカラム名](/manual/dev-column-name)」を指定します。| |3|Type|値を転記する場合には 0 を指定します。表示名を転記する場合には 1 を指定します。Typeは省略可能です。省略した場合の既定値は 0 です。| ## 詳細情報 1. 「[状況項目](/manual/table-management-status)」や「[分類項目](/manual/table-management-class)」で「値」と「[表示名](/manual/table-management-label-text)」が分かれている項目をFromに指定する場合には、Typeの設定が重要です。Toも同様に「値」と「[表示名](/manual/table-management-label-text)」が分かれている場合には 0 を指定しますが、表示名を文字列として転記したい場合には 1 を指定します。 ## 関連情報 <div id="ManualList"><ul><li><a href="/manual/table">テーブル機能</a><span>2021/05/30 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-bulkupdate">テーブル機能:レコードの一括更新</a><span>2021/05/06 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-import">テーブル機能:レコードのインポート</a><span>2021/05/12 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-import-and-link">テーブル機能:レコードのインポートとマスタデータのリンク</a><span>2021/05/05 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-import-and-update">テーブル機能:レコードのインポートによる既存レコードの更新</a><span>2021/05/05 up</span></li> <li><a href="/manual/table-record-import-fail">テーブル機能:レコードのインポートがうまくいかない場合の確認事項</a><span>2021/05/05 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-column">テーブルの管理:項目</a><span>2021/05/10 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-status">テーブルの管理:項目:状況</a><span>2021/06/01 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-class">テーブルの管理:項目:分類</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-attachments">テーブルの管理:項目:添付ファイル</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-comments">テーブルの管理:項目:コメント</a><span>2021/05/22 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-label-text">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:表示名</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choices-text">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choices-text-link">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:リンク</a><span>2021/05/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-editor-choice-json">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:フィルタ、ソート、表示フォーマット</a><span>2021/05/30 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-auto-postback">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:自動ポストバック</a><span>2021/06/03 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-link-view">テーブルの管理:リンク</a><span>2021/05/22 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/user-import">ユーザ管理機能:インポート/エクスポート</a><span>2021/05/05 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/dev-column-name">項目名とデータベース上のカラム名の対応</a><span>2021/05/30 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/faq-lookup-posting">FAQ:サンプルコード:親テーブルの項目の値を子テーブルの項目に転記する</a><span>2021/05/30 up</span></li></ul></article></div><input id="SearchTextHidden" type="hidden" value="" />
このページをシェアする