ユーザマニュアル





2023/10/12

MANUAL

テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧

## 概要 「[分類項目](/manual/table-management-class)」を「セレクトボックス」で表示する際の選択肢を指定します。選択肢は改行区切りで指定します。また、選択肢一覧には、リンクしたテーブルから値を転記する「[ルックアップ](/manual/table-management-lookup)」機能の設定や、[ソート・フィルタ・表示フォーマット](/manual/table-management-choice-json)を使った選択肢の制御が可能です。 ## 制限事項 1. 「[状況項目](/manual/table-management-status)」「[担当者項目](/manual/table-management-owner)」「[管理者項目](/manual/table-management-manager)」「[分類項目](/manual/table-management-class)」以外では使用できません。 1. 「[状況項目](/manual/table-management-status)」では「保存する値」に数値を使用する必要があります。 1. 「[担当者項目](/manual/table-management-owner)」「[管理者項目](/manual/table-management-manager)」では「ユーザ一覧」以外は使用できません。 1. 「値」が同じものは設定しても表示されません。 ## 前提条件 1. 設定を行うには「サイトの管理権限」が必要です。 ## 記述例 #### 記述例1 最も単純な文字列の選択肢を表示する記述例です。「[分類項目](/manual/table-management-class)」でのみ使用可能です。 ##### Text ``` 要件定義 設計 構築 テスト リリース・展開 初期サポート 運用 ``` #### 記述例2 「保存する値」と「画面上の表示」を区別する場合の記述例です。「保存する値」と「画面上の表示」の順にカンマ区切りで指定します。「保存する値」の文字列をそのままに「画面上の表示」の文字列を変更するとレコードを編集せずに「画面上の表示」を変更することができます。この記述例は「[状況項目](/manual/table-management-status)」「[担当者項目](/manual/table-management-owner)」「[管理者項目](/manual/table-management-manager)」では使用できません。 ##### Text ``` AC7459,製品A UW9336,製品B PX1223,製品C ``` #### 記述例3 記述例2に加え、「画面上の短い表示名」「スタイルシートのクラス名」を指定する場合の記述例です。記述例2と同様にカンマ区切りで指定します。「画面上の短い表示名」は「[一覧画面](/manual/table-grid)」の表示幅を節約するために有効です。「スタイルシートのクラス名」は指定したクラス名のスタイル(背景色、文字色など)を適用することができます。**クラス名は"status-"で始まる必要があります。** オリジナルのスタイルは「[テーブルの管理](/manual/table-management)」の「[スタイル](/manual/table-management-style)」で別途設定する必要があります。この記述例は「[担当者項目](/manual/table-management-owner)」「[管理者項目](/manual/table-management-manager)」では使用できません。 ##### Text ``` 100,未着手,未,status-new 150,準備,準,status-preparation 200,実施中,実,status-inprogress 300,レビュー,レ,status-review 900,完了,完,status-closed 910,保留,留,status-rejected ``` #### その他の記述例 その他、選択肢には「[組織の選択肢一覧](/manual/table-management-choices-text-depts)」「[グループの選択肢一覧](/manual/table-management-choices-text-groups)」「[ユーザの選択肢一覧](/manual/table-management-choices-text-users)」「[リンク](/manual/table-management-choices-text-link)」などが使用できます。また「[選択肢一覧のフィルタ、ソート、表示フォーマット](/manual/table-management-choice-json)」が使用できます。詳しくは関連情報を参照してください。 ## 関連情報 <div id="ManualList"><ul><li><a href="/manual/table-grid">テーブル機能:レコードの一覧画面</a><span>2023/04/12 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management">テーブルの管理</a><span>2024/05/24 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-status">テーブルの管理:項目:状況</a><span>2023/06/13 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-manager">テーブルの管理:項目:管理者</a><span>2023/04/21 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-owner">テーブルの管理:項目:担当者</a><span>2023/04/21 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-class">テーブルの管理:項目:分類</a><span>2023/04/21 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-choices-text-link">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:リンク</a><span>2024/04/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choices-text-depts">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:組織</a><span>2023/04/25 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choices-text-groups">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:グループ</a><span>2023/04/25 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choices-text-users">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:ユーザ</a><span>2023/04/25 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choice-json">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:フィルタ、ソート、表示フォーマット</a><span>2024/04/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choice-json-column-filter-expressions">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:フィルタ(選択肢一覧を他の項目の値で絞り込む)</a><span>2024/04/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-lookup">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:ルックアップ</a><span>2023/06/22 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-copy-with-links">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:コピー時に子レコードを同時にコピーする</a><span>2023/04/25 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-delete-with-links">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:削除時に子レコードを同時に削除する</a><span>2023/04/25 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-select-new-link">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:親レコードからの子レコード作成時に特定の項目にのみ親レコードの値を設定する</a><span>2024/04/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choices-text-own-user">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:ログインユーザ設定ボタン</a><span>2024/04/09 up</span></li> <li><a href="/manual/table-management-choices-text-own-dept">テーブルの管理:エディタ:項目の詳細設定:選択肢一覧:所属組織設定ボタン</a><span>2024/04/09 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-grid-column-settings">テーブルの管理:一覧画面:項目の詳細設定</a><span>2023/05/12 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-link-view">テーブルの管理:リンク</a><span>2024/05/24 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/table-management-style">テーブルの管理:スタイル</a><span>2023/05/18 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/style">開発者向け機能:スタイル</a><span>2023/05/18 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/advanced-operations-link">応用編:リンク</a><span>2023/08/14 up</span></li></ul></article> <ul><li><a href="/manual/faq-lookup-posting">FAQ:親テーブルの項目の値を子テーブルの項目に転記したい</a><span>2024/04/29 up</span></li></ul></article></div><input id="SearchTextHidden" type="hidden" value="" />
TOP
このページをシェアする
記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。 © Implem Inc.