2021/04/17

MANUAL

Wiki機能:選択肢一覧のマスタデータとして使用する

## 概要 Wikiをマスターとして使用することで、複数の状況、分類項目に共通の選択肢を設定する際に一覧を共通化できます。 ## 操作手順 1. 任意のフォルダ内にWikiを作成します。 2. 分類に記載する選択肢一覧をWikiに改行区切りで記載します。 ![image](/binaries/c5448a9d898f4f8285e3f6081e01b190) 3. WikiのサイトIDを控えます。WikiのサイトIDは、下記の赤枠で囲ったWikiのURLや編集画面上のIDではなく、Wikiの画面上で管理→Wikiの管理として表示するWiki管理画面のURL上に表示された数字です。通常、WikiのIDより1つ少ない番号となります。下記の画像の場合はWikiのURLのIDが11123のため、Wikiの管理画面のIDは11122となります。この11122を控えます。 ![image](/binaries/257116d35d264e6d992f847d75430201) 4. 分類項目を作りたいテーブルのテーブルの管理を開きます。 5. エディタタブを開き分類項目の詳細設定を開きます。 6. 選択肢一覧に [[11122]] を入力します。11122の部分にはWikiの管理画面のIDを入力します。 ![image](/binaries/963625dd6c11476fbaed8ea107802ade) 7. 更新ボタンを押します。同様に他のテーブルにも [[11122]] を設定します。 8. 上記の設定によりWikiに記載した選択肢を複数のテーブルで共有して使用することができます。Wikiを更新すれば全てのテーブルの選択肢が変化します。
このページをシェアする